« ポンすけ!! | トップページ | ようやくゲット。 »

2006年11月25日 (土)

NAOTOさん in ブルーノート

ついに・・・ついに行ってまいりました。

今年最初にして最後の、NAOTOさんLIVE!

少し薄暗く、天気が悪かったのですが、そんなことほんと些細なことだよ。

嵐だろうが、槍が降ろうが、途中で事故にあおうが、意地でも行きますよ。

一年間この日のために頑張ってきたようなもんですから。

今回は珍しく公演最終日に参戦したので、ネタバレも気にせずレポらしいレポを書けます。

曲数が少ないので、なるべく詳しく書くので、相当長いです。

興味のない人は読まないように。

読み始めてしまった人は、仕方ないので途中で諦めずに読んでください。

一緒に参戦するはずだったすみかさんは、諸事情のため急遽来れなくなり、いつも通り地元のNAOTOファンである友人Yと二人で行くことに。
ブルーノートに行くのは4回目ほどになり、最初は感じていた敷居の高さも気にならなくなりました。

まずはブルーノートという場所をご存じない方のために・・・

普通のコンサートホールやライブハウスとは全くの異空間です。
ちょっと洒落た料理を食べ、お酒を楽しみながら、音楽を聴くというスタンスの場所。
大人の雰囲気が漂う、お子ちゃまは立入り禁止の場所です。(本当は入れるかもしれんが)
もちろん立ち上がったりはしませんからね。

じゃあ早速ライブレポに移ります。

11月24日、ブルーノート公演最終日。
私は2ndステージに参加したので、21:30からの開演。

ほぼ時間通りに薄暗い照明がさらに暗くなり、メンバーの皆様が入場です。
一呼吸おいた後、待ってました!NAOTOさんがバイオリンを片手に登場されました。
今回は全身「白」ではなく、白のシャツにジーンズ、スニーカーというスタイル。
髪もツンツンではなく、前髪だけちょこっと立たせてある、私の一番好きな髪型です。
それだけでテンションが2倍に跳ね上がりますよ(笑

そして程なく、1曲目。

Samba of The Sun」 《Sanctuaryより

この曲の良さはなんと言っても軽快なリズムでしょう!!
多分ドラム相当難しいと思う。
思わず手拍子したくなるノリのいい、しかし上品なナンバーで幕を開けました。
ライブ用にアレンジが少し変えてあって、それもまたいい感じで、かっこいい!!

続いて2曲目。

Bach 147」 《Sanctuaryより

これは言わずと知れたバッハの名曲をアレンジした曲で、これまたかっこいい。
そしてやはり秀逸です。
ピアノやギターのソロ回しがあったり、とてもいいアレンジになってました。
アルバムで聴くより良かった気がする。

さて、2曲があっという間に終わり、NAOTOさんが初めてマイクを持ちました。
最初のMCです。

N 「こんばんは、NAOTOです」(すごい大きな拍手)

  「いやね、このステージでブルーノート公演も最後やと思うと寂しいねって控え室でメンバーと話してたんですよ。こういう公演は長くやりたいよね。あと一週間ぐらいやろか?(笑」

ここでメンバー紹介。
ベース:一本茂樹 ギター:遠山哲朗 ドラム:齋藤タカシ ピアノ:あべさん(フルネームわからん)
齋藤さんは、ポルノグラフィティでもお馴染みの方ですね。

まだ2曲しか演奏していないのに、もうかなり終わりそうな雰囲気を醸し出したトーク。
それに自分で突っ込みを入れつつ、話は続く。

特に書くような大したことは話していないにもかかわらず、このMC相当長かったんですよ。
先日のポンすけのライブを思い出すような長さ。


初めて見に来たというお客さんが結構いることを知ると、

N 「初めまして、NAOTOですぅ。知らない人は驚かれるんですけど、僕結構しゃべるんですよ(笑。噂以上にしゃべりますから。ブルーノートってジャズのすごい人とかが出るようなとこやのに、ここまで自分のスタイル(喋りが長い)を貫いて大丈夫なんでしょうか・・・(笑。それもすべてお客さん次第です」

そうだよなぁ。ブルーノートって結構厳格というか、かっちりしたとこで。
今回はブルーノートからNAOTOさんに声をかけてくれたらしいんだけど、次回はあるのかかなり不安。

だってNAOTOさん、自分が「ドS」だって告白をしたかと思ったら、「ドS、どえーす」って・・・。(ドラムの齋藤さんはツボだったらしく、バカウケ)
あなたは何故そんなにもサービス精神が旺盛なんですか・・・。
いいんだけど。かわいいからいいんだけど。
弾くとキレイ系なのに、しゃべると大阪のおばちゃんみたいなんだもん(泣
そのギャップがいいと言えばいいんだけど・・・。

MCはまだまだ続きましたが、長すぎるので省きます。

続いては、メンバーの曲コーナー。

毎公演違う曲をやってきたそうです。
今回の曲は、NAOTOさんが絶対にやりたいと決めた曲らしい。

鶴橋の夜」 《一本さんの曲》

中国系のメロディで、すごく雰囲気のある曲。
知る人ぞ知る名曲らしい。(私はしらなかったけど)
この曲は本当は(というか関東方面では)「新大久保の夜」というタイトルで、名古屋を越えた辺りから「鶴橋の夜」にかわるそうです(笑。
ちなみに「新大久保の夜」と名づけたのも、「鶴橋の夜」に改名するのもNAOTOさんです。

曲後のMCでは、この曲を弾くのにエレキバイオリンじゃないのはしんどいと話してました。
エフェクターが使えないので、自分で他所度を押さえるのがものすごく大変らしい。
また、「鶴橋は電車を降りるとキムチの匂いがする」と言ってました。
でも鶴橋を降りて匂うのは、キムチではなく焼肉じゃないのか?

次の曲はコーラスが入っているので、お客さん参加型でやろうということに。
とりあえずセンターで、「あべさんチーム」と「哲朗さんチーム」に分けられました。
きれいに終われなかったら、リーダーが責任を負うということで、失敗したチームのリーダーは打ち上げで野菜しか食べられないと勝手に決められる。

Remember」 《Blue‘G’より》

本日唯一のBlue‘G’からの曲。
超絶技巧を目の当たりにし、感動。
マジであの人の指はどうなっているんでしょう。
スピード感あふれる出だしから、少し懐かしいかんじのするメロディへ。
聞惚れていると曲中で急にNAOTOさんが「ここまでですよ、安心して聴いてられるのは(笑」と言い出し、突然コーラスの練習が始まる。
ポルノで言う「センラバ」の煽りみたいなもんですが、金髪の鬼軍曹は厳しい(笑
練習を終えると再びバイオリンを弾くNAOTOさん。
そしていよいよ終わり!
コーラスは見事にキレイに揃って、すばらしい終わり方でした。

実は5回やってきた公演で、成功したのは1回だけだったそうで、NAOTOさんがお客さんを褒めてくれました。
N 「来年のツアーでもやるので、その時に近くのお客さんが失敗しそうになったら、「んっ!!」って、「あかん!!」って口を押さえてあげてくださいね(笑」

そしてちゃんとできたご褒美があるといって、1曲多く演奏してくれることに!!

N 「もうすぐ終わりなんで、MCも短くなるんですよ」(「えー!」という反応)
N 「そしたら曲やめる?」(「両方!!」という声)
N 「ちっちゃい頃お母さんに言われたでしょ?両方ほしいってゆったら「あかん!!どっちかにしときなさい!!」って(笑。よく言われた~」(それでも「両方」という声)
N 「無理!(即答)僕はそんな生易しい家庭では育ってないんです(笑」

そんなやりとりがありつつ、おまけの5曲目。

Solitude」 《Sanctuaryより

もうめっちゃ好きなんです、この曲!
失敗してたら聴けなかったのかと思うと、ほかのお客さんに感謝ですよ。
この曲はとにかくメロディーがすばらしく良くて、最初に聴いた時は本当にビックリしました。
アルバムでは男性のボーカルが少し入っているんですが、アレンジでピアノとギターが
すごくかっこよくなってました。

N 「次が最後の曲です。今日は本当にありがとうございました」

多分相当押してたんだと思う。
そりゃぁあんだけ喋ればねぇ・・・。

そしていよいよ最後の曲。

One Love」 《Sanctuaryより

すごく優しい曲。
泣きたい時には素直に泣けるし、苛立っている時は心が穏やかになる。
NAOTOさん自身もこの曲を相当気に入ってるようにみえる。
弓の動きがとてもきれいで、見とれてしまう曲でもある。
もうすぐ終わってしまうという気持ちが、この曲で一層かき立てられました。

深々とお辞儀をして引き上げていくNAOTOさんとメンバーに、惜しみない拍手。
その拍手からすぐにアンコールをせがむ手拍子に。
ポルノのライブのように名前を呼んだりはしませんが。

しばらくして再び、メンバーとNAOTOさんが登場。
嬉しそうに手を上げて戻ってきてくれた。
話はせずにそのまま本当に最後の曲へ。

Sanctuary」 《Sanctuaryより》

この曲を弾いてるNAOTOさんが一番好きかもしれない。
一番きれいだと思う。
この曲を聴くといつも暖かい家の窓際をイメージしてしまいます。
窓は開いてて、風がそよそよ吹いてる感じ。
アレンジで途中の、これまた超絶技巧を披露するはずのメロディはカットされ、かなり短いバージョンになってましたが、それでもやっぱりNAOTOさんを代表する曲だと思う。

演奏が終わった後、再び深くお辞儀をして会場内を見渡し、手を振って去っていきました。

その後もまだアンコールを求める手拍子は続いたけど、演奏はなく、みんながしつこく粘るので、手ぶらで再度登場し、「ごめんね」というような素振りだけ見せて礼をしに来てくれました。

以上がレポ。長い!!
7曲しかないのに!!

これでもかなりMC端折ってるからね。
来年のツアーに初参戦する、デンちゃん・あゆりん・けこさん!!
覚悟はできてますか?
王子は本当に良く喋りますよ?(笑
かわいらしい、まったりした調子で喋り捲ります。
素晴らしい演奏とのギャップに酔いしれてください(笑

あ、そうだ。
俳優業は永遠に封印するらしいです。
Vシネマで「バイオリン刑事」とかいうタイトルで、バイオリンを弾いたら犯人が倒れるくらいの必殺技が使えるような設定での依頼がこない限り、丁重にお断りするといってました。
「バイオリン刑事」やってほしいと思ったのは私だけじゃないはずです。

では長い文章最後まで読んでくれた方も、読み飛ばしてみた方もお疲れ様でした!!

|

« ポンすけ!! | トップページ | ようやくゲット。 »

コメント

レポお疲れさまでしたー!
すごーい!ほんとにレポですね!
一曲一曲にしっかり解説がついてる〜
そしてMC!
「ドS、どえーす」にかなり受けました(笑)
ライブ楽しみだなぁ♪
あ!Blue'G'聴いたんですけど、Sanctuaryより
Blue'G'のほうが好きかもしれないです、私。

投稿: あゆ風 | 2006年11月26日 (日) 22時59分

うううぅぅ。。。行きたかったよぉ(泣
ドタキャンで本当に申し訳ない

もうね、レポ読んでて、いっせいさんが何も聞漏らすまいとしてたのが伝わってきたよ
本当に好きなんだね~
でもNAOTOさんが、そんなに喋るんなんて意外だった!
次は絶対行くもん!

投稿: すみか | 2006年11月26日 (日) 23時56分

☆あゆりん☆
これでもかなり端折ったから!!
本当にMCがねぇ・・・。
「ドS、どえ~す」気に入ったの?
多分くれるよ?使ってみたら?(笑
Blue'G'の方が好きなんて、センスがいいね!!
テクノやヒュージョンの要素が強いので、聴きにくい人も多いのに。
さすがあゆりん!君は立派なNAO党員だよ!!

☆すみかさん☆
ドタキャンは仕方ないですよ。
気にしないで!!
行けなかったのは残念だったですけどね。
すごかったから!!

もうね、LIVE中は必死ですよ。
話を覚えつつ、ガン見ですから(笑
すみかさんもきっと饒舌なNAOTOさんを、お気に召すと思いますよ。
本当にギャップが素敵な人ですから。

投稿: いっせい | 2006年11月27日 (月) 17時46分

読んでて楽しいレポですね~。
来年期待してツアーに参加できますよ!
その前に「Remember」のコーラス練習しないと(笑)
Vシネで「バイオリン刑事」ってねぇ・・ちょっと想像しちゃったじゃな~い!

投稿: デンスケ | 2006年11月27日 (月) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91907/4309568

この記事へのトラックバック一覧です: NAOTOさん in ブルーノート:

» What is tramadol. [Tramadol for dogs side effects.]
Tramadol hydrochloride. Tramadol. Cheapest tramadol. [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 17時16分

« ポンすけ!! | トップページ | ようやくゲット。 »